記事一覧

チューダー 2021年 W&W 新作、新たな「ブラックベイ クロノ」誕生


50周年を迎えたチューダーのクロノグラフ。その半世紀の歩みを経て、新たなブラックベイ クロノが誕生した。スチールのケースと2つのダイアルのデザインはそのままに、サブカウンターとダイアルのコントラストが美しい本モデルは、チューダーが持つクロノグラフの歴史をまさに体現しているのだ。

1970年に誕生した、ブランドとして初のクロノグラフであるチューダー オイスターデイト。それ以降チューダーはモータースポーツと密な繋がりを持ち続けてきた。同様にチューダーのダイバーズウォッチも1954年から進化を続けている。その水陸両方の伝統がめぐり逢うことで生まれたモデルがブラックベイ クロノである。ダイアルとサブカウンターのコントラストが美しく、コラムホイールと垂直クラッチを備える高性能のマニュファクチュール キャリバーを搭載している。


41mm、 316Lスチール製ケース、ポリッシュ&サテン仕上げ、316Lスチール製固定ベゼル。ブラックのアルマイト加工インサート、タキメーター
円形サブカウンターとのコントラストが美しいドーム型のマットブラックもしくはオパラインのダイアル
1969年に登場したチューダーのダイバーズウォッチの象徴であるスノーフレーク針、スイスの蓄光性スーパールミノヴァコーティング
COSC認証で耐磁性シリコンバランススプリングを備えるマニュファクチュール クロノグラフキャリバー MT5813、パワーリザーブは約70時間、コラムホイールと垂直クラッチ
ブラックジャカードファブリックストラップ、ブラックエイジドレザーストラップ、スチール製リベットブレスレットの3種類から選択可能
5年間の国際保証


THE SPIRIT OF EARTH AND SEA
1969年以来チューダーのアイコンでもある「スノーフレーク」針を取り入れることでブラックベイの美学に忠実でありながら、本モデルはドーム型ダイアルとくぼみを持たせたカウンター、マットブラックとオパラインのコントラストにより高い視認性を実現した。チューダーが作り出すクロノグラフの伝統に則り、45分の積算カウンターを搭載し、6時位置にカレンダーを配したデザイン。他のブラックベイコレクションと同じく、サファイア風防の下部に施した巧みなカットにより洗練が加えられた41㎜のスチール製ケースを採用し、ムーブメントはリポジションされている 。またスチール製のプッシャーは初期のチューダーのクロノグラフから着想を得たものだ。スチール製の固定ベゼルにはブラックのアルマイト加工のインサートが施され、タキメーターが洗練されたクロノグラフとしてのスポーティな表情を演出している。


【関連記事】:http://takashi.top/

フランク ミュラー、グランドコンプリケーションへの新たなる挑戦「グランド セントラル トノウ カーベックス」を発表~WPHH2021最新ウォッチのムービーを公開

フランク ミュラー、グランドコンプリケーションへの新たなる挑戦「グランド セントラル トノウ カーベックス」を発表~WPHH2021最新ウォッチのムービーを公開


Master of Complications<複雑時計の名匠>であるフランク ミュラーが手掛けた、ブランドのアイデンティティと呼べるグランドコンプリケーションへの新たなる挑戦「グランド セントラル トノウ カーベックス」が発表されました。 フランク ミュラー ウォッチランドの時計づくりの叡智と卓越した技術が結集し、トゥールビヨンを主役として時計の文字盤中央に配した画期的なタイムピースが完成しています。



このモデルを実現する上での複雑な難点の一つに、「トゥールビヨンの位置を時計中央へ変えるには、時計そのものを一から見直さねばならない」という事実がありました。
トゥールビヨンの位置をずらすという魅力的かつ驚くべきことを達成すると同時に、時計中央に時刻を表示する画期的な仕組みが必要となっていました。長期間にわたる開発と試行の結果、トゥールビヨン ケージの外周に時針と分針を配置する革新的な手法を考案し、このモデルの美しさを一層際立たせることに成功しました。


フランク ミュラーのグランドコンプリケーションとしては珍しく、「グランド セントラル トノウ カーベックス」では自動巻きムーブメントを採用しており、マイクロローターにより約4日間のパワーリザーブを実現しています。

この美しいセンター トゥールビヨンのために、フランク ミュラーは代表コレクション「トノウ カーベックス」のケースフォルムを再設計しています。風防のサファイア クリスタルガラスをストラップの位置まで拡張して文字盤の視認性を大幅に高めています。さらに、ベゼルとケースをそれぞれのパーツで設けることで、美しい2色仕上げを実現しています。



リデザインによりオリジナルのトノウ カーベックスとは異なる新しい外観に生まれ変わりながらも、三次元曲線が生む優雅な曲線美を余すところなく表現しています。また、ベゼルを細いデザインにしていることで文字盤全体を視認できるようにもしました。技術的な困難を達成し、これによりクラシカルなトノウ カーベックスのケースに現代風の新たなラインナップが誕生しました。
ケースバックはオープン ワークとなっており、コート ド ジュネーブなど古式ゆかしい伝統装飾を堪能することが可能となっています。


【関連記事】:http://hatomunekun.top

ショパール ブティック 西武池袋本店がオープン~国内10店舗目となる直営店

ショパール ブティック 西武池袋本店がオープン

2021年6月1日(火)、スイスのラグジュアリーウォッチ&ジュエリーメゾン「ショパール」は、国内10店舗目となる直営店を西武池袋本店にオープンしました。


“The Artisan of Emotions since 1860:アルチザン オブ エモーション”をブランドシグニチャーに掲げるスイスの名門メゾン ショパールは、1860年の創業以来、ファミリービジネスの伝統を貫いています。



ウォッチ&ジュエリーメイキングにおいて脈々と受け継がれてきた匠の技や伝統的なノウハウを、倫理に適った方法で制作される現代のクリエイションを通じ継承してきました。スーパーコピー時計そして、無限のクリエイティビティを育み、傑出したアルチザンによるクラフツマンシップを具現した究極の作品を生み出しています。

本ブティックは、日本では初展開となる最新のコンセプトを導入しています。
ブランドのフィロソフィーである“ジョワ・ド・ヴィーヴル:生きる歓び”の世界観を反映した心地の良い空間では、メゾンのアイコンであるハッピーダイヤモンドをはじめ、壮麗なハイジュエリークリエイション、そして開設25周年を迎えたショパール マニュファクチュールで自社一貫生産される“L.U.C”タイムピースなど、幅広いラインナップがお客様をお迎えいたします。



ストラップには、海水や汗、紫外線などで劣化しづらい高い耐久性と柔らかな肌触りで優れた装着感を兼ね備えた強化シリコン製を採用。ヨットマスタースーパーコピー本格ダイビングシーンではもちろん、日常でも快適な着け心地を提供します。
特別仕様として、「FOR SATURATION DIVING 1000m」の文字がプリントされています。深海をイメージした、ブルーグレーの強化シリコンストラップも付属します。

TISSOT(ティソ)が公式タイムキーパーを務める「ツール・ド・フランス」をはじめとする 自転車ビッグレースのパートナーシップ契約更新を発表

世界で最も権威ある自転車レース、Tour de Franceの公式タイムキーパーであり、25年来UCI(国際自転車競技連合)のパートナーを務めるTissot[ティソ]は、ツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャをはじめとするアモリー・スポーツ・オーガニゼーション(A.S.O.)が主催するビッグレースとのパートナーシップ契約を更新しました。

創業以来168年の長い歴史の中で“INNOVATORS BY TRADITION(伝統に根ざし、伝統を打ち破るイノベーター)”として世界中で愛されるウォッチメーカーとしての地位を確立してきたティソは、レースの主催者、アスリート、サイクルロードレースファンのリクエストに応え、極めて高精度の時間計測、スコアリング、ランキング、統計に必要とされるソリューションを提供しています。



今年は6月26日から7月18日まで開催されるツール・ド・フランス。この世界に名だたるサイクルロードレースにおいては、ゴール地点での前輪のコンマ1秒、あるいはコンマ1センチの差で勝負が決まることがあります。勝利と敗北の時間差を計算するには、技術的なツールが必要であり、ティソは1938年に初めてスポーツ計時に携わって以来、開発、技術革新、改良を重ねてきました。

レースではスプリントフィニッシュが肉眼では分析できない場合、高度な技術を駆使して重要な審判の役割を果たします。最も権威あるこのサイクルロードレースの主催者や出場選手、レースの観戦者やテレビ視聴者に信頼のおける結果を提供するために、ティソは1秒間に1万枚の画像を撮影できる高速度カメラを各ステージのフィニッシュラインに設置。ジラール・ペルゴ「フォトフィニッシュ」が可能な複数のデバイスを用い、計時だけでなく、スコアリング、ランキング、統計に関するすべての情報を数秒で提供しています。

コンマ1秒を争う計測には卓越した組織力と献身的な努力が求められます。世界最高峰の自転車レースであるツール・ド・フランスでは、最低でも8人のティソのタイムキーパーが、またタイムトライアルの際には約10人の技術者とともに、全21ステージで活躍しています。
ティソは平均して4200件以上のフォトフィニッシュ判定を行っており、280時間の準備を含めると、その作業時間は実に約2600時間に及びます。こうした努力の積み重ねなくしては、レース結果も順位も判定することができないのです。こうしたタイムキーピングに携わる専門スタッフは、いわば影の存在ですが、彼らのおかげで、ツール・ド・フランスを開催することができるのです。ティソが長年サイクルロードレースに携わっているのは、ひとえに自転車競技にかける情熱ゆえに他なりません。



1988年から5年間ツール・ド・フランスの公式タイムキーパーを務め、再び2016年からその任に復帰したティソは、ツール・ド・フランスの公式ウォッチも製作しています。
25年来の国際自転車競技連合(UCI)の主要パートナーであり、ツール・ド・ロマンディとツール・ド・スイスのスポンサーを務め、2016年からはブエルタ・ア・エスパーニャ、2020年からはジロ・デ・イタリアの公式タイムキーパーも務めています。そんなティソはまぎれもなくサイクルロードレースにおける最強のウォッチメーカーと言えるでしょう。さらにティソはスロベニアのサイクルロードレースチャンピオン、プリモシュ・ログリッチをスポーツアンバサダーに迎えています。

ティソとアモリー・スポーツ・オーガニゼーション(A.S.O.)とのパートナーシップ契約の更新は、スイスのル・ロックルを拠点とするティソの、自転車界と永続的な関係を築いていきたいという強い意志を表しています。ティソのCEOを務めるシルヴァン・ドラは
「ツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャをはじめ、パリ~ルーベ、リエージュ~バストーニュ~リエージュ、ラ・フレッシュ・ワロンヌといった伝説的なクラシックレースの公式タイムキーパーとして、ティソがA.S.O.とのパートナーシップ契約を更新できることをとても嬉しく思っています。私たちはA.S.O.と長年にわたってチームを組み、極めて高精度な計時ソリューションを提供してきました」、と語っています。

また、ツール・ド・フランス大会ディレクターのクリスチャン・プリュドムは 「ル・ロックルにおいて長い歴史をもつウォッチメーカー、ティソとパートナーシップ契約を延長できることを大変光栄に思います。 自転車競技は数秒、時には1000分の1秒の差で勝敗が決まることもあります。ティソとA.S.O.は偉大なチャンピオンたちの努力を称えるツール・ド・フランスと自転車競技について、同じビジョンを共有しています」と述べています。

【関連記事】:http://omegkopi.top

カシオ 「PRT-1GPJ」が国立科学博物館の未来技術遺産に登録~世界初のGPS機能を内蔵したアウトドアウオッチ

カシオ計算機は、1999年に発売した世界初のGPS機能を内蔵したアウトドアウオッチ「PRT-1GPJ」が、今日のスマートウオッチで多く採用されているGPS機能をウオッチにいち早く搭載した点が評価され、国立科学博物館が行う2021年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録されましたので、ご案内します。


●PRT-1GPJ PRT-1GPJ


未来技術遺産は、独立行政法人国立科学博物館(館長:篠田 謙一)が、「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」及び「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料」の保存と活用を図るため、2008年度から実施している登録制度です。

今回登録された「PRT-1GPJ」は、アウトドアウオッチ“PRO TREK(プロトレック)”シリーズの最上位モデルとして“サテライトナビ”の愛称で発売されました。当社のLSI技術・高密度実装技術により、GPS機能を世界で初めて搭載し、当時、販売されていたハンディタイプのナビゲーション機器に比べ、大幅な小型・軽量化を実現。現在位置の緯度・経度を計測するだけでなく、目的地を設定(緯度・経度)しておくことで、現在地から見た目的地の方向と距離をグラフィック表示する機能や、緯度・経度を記憶する機能も備えていました。

なお、当社の登録は、「電子式卓上計算機 カシオミニ」(2008年)、「デジタルカメラ試作機 DC-90」(2009年)、「液晶デジタルカメラ QV-10」(2012年)、「カード型電卓 SL-800」(2013年)、「科学技術用計算機 AL-1」(2014年)、「初代G-SHOCK DW-5000C」(2019年)、「電子キーボード カシオトーン 201」(2020年)に続き、8回目となります。

【関連記事】:学生時代の腕時計

MB&F 「レガシー・マシン パーペチュアル エヴォ」

MB&Fの作品は15年間にわたって、身につける人を想像上の地図にしか存在しない場所へと誘ってきました。宇宙船から始まって深海のクラゲにいたるまで、マキシミリアン・ブッサーのマシンは多元的な宇宙の地図を描き出します。

最大の旅はまだまだこれから。スーパーコピー時計進化が真の進歩を示します。レガシー・マシン パーペチュアル エヴォを操縦するのはあなた自身です。人生の地図を描き出してください。旅に出ましょう。時計を置いていく必要はありません。



直径44mmのケースはジルコニウム製またはチタン製。これらは現代的なメタルで、その性質はステンレススチールを凌駕します。開放感とこの上ない明るさを強調する新しいケースプロファイル。特別に開発された一体鋳造の緩衝装置「フレックスリング」を備えた、これまでになく堅牢なマシンがMB&Fから登場です。オメガ時計 メンズステファン・マクドネルにより設計されたLMパーペチュアル エンジンは賞も受賞したパーペチュアルカレンダー。従来のシステム構造に代わる革新的な機械処理装置を採用しています。

レガシー・マシン パーペチュアル エヴォは当初、ジルコニウム製で発売されました。PVD/CVDコーティングが施された3色の文字盤プレートを備えており、そのうちの1色は、ハイエンドなスイス製ウォッチでは初めてのアトミックオレンジでした。2021年には、グリーンのCVD文字盤プレートを備えたグレード5チタンバージョンが加わります。すべてのエディションには、これまでのMB&Fマシンの中でも最もスムーズな装着感を実現する、手首にぴったりとフィットする一体型ラバーストラップが採用されています。



過去15年間にわたってMB&Fコレクションは、複雑機構と秀逸な時計メカニズムをいくつも採用してきました。2019年のレガシー・マシン サンダードームで発表された記録破りのトライアックス(TriAx)もその一つです。しかし、名声、伝統、革新を組み合わせるという点においては、2015年に発表されたレガシー・マシン パーペチュアルはMB&Fの時計製造のノウハウの頂点を極め、いまだその右に出るものはありません。

直径は44mmで2015年モデルのまま変更されていませんが、新しいエヴォのケースのデザインは、ベゼルのない構造が特徴で、ドーム型サファイアクリスタルがケースに直接融着されています。カレンダー表示の見やすさと、映画のようなエンジンコンポーネントの遊び心との調和を強調する、開放感がさらに高められたLM パーペチュアル エヴォのデザイン。MB&Fの代名詞である宙に浮くようなテン輪がその上に配されています。より大きな表現を持つLMパーペチュアル エンジンのデザインを再構成するのは簡単ではありませんでした。構造の強度を維持しつつも高さと直径の比率を抑えるという、機械的には相反する目的を達成するようにサファイアクリスタルの形状を新たに計算する必要がありました。さらにLMパーペチュアル エヴォをベゼルから解放するには、サファイアクリスタルとケースの間に高度な熱接合システムを用いなければならなかったのです。



パーペチュアルカレンダーを調整するための従来は円形だったプッシャーは、より大きいダブルスプリングの長方形のアクチュエーターに変更され、快適なタッチで調整しやすくなりました。LMパーペチュアル エヴォはMB&Fの作品では初めてスクリューダウン式リューズを採用、80 m防水性能を実現しています。スクリューダウン式リューズの実装に関する小さいながらも重要なディテールとして、巻き真のクラッチがあります。プッシュして締めるとリューズが巻き上げ機構から外れ、手動で主ゼンマイを巻きすぎる可能性がなくなります。
LMパーペチュアル エヴォに加えられたもう1つの新しい要素はフレックスリング(FlexRing)です。これはケースとムーブメントの間に据えられたリング状の緩衝装置であり、縦横両方向の衝撃から保護します。一体鋳造でステンレススチールを機械加工した緩衝装置は、パーペチュアルカレンダーに優れた堅牢性を与えます。パーペチュアルカレンダーはクラシシズムやエレガンスを連想させる機能ですが、あらゆる高度な複雑機構の中でもこれほど実用的で便利なものはありません。

ステファン・マクドネルは、MB&Fのパーペチュアルカレンダーの再設計に着手するにあたって複雑機構の基礎的な機械装置全体を見直したシステムを提案しました。LMパーペチュアルは、多層ディスクからなる「機械処理装置」を使用しています。これは1ヶ月のデフォルト日数を28日とする画期的な処理装置です。論理的に、すべての月に28日以上あるためです。それに各月に応じて追加の日数が加算されます。こうすることで各月の正確な日数が確実になり、日付が誤ってジャンプする可能性がなくなります。日付の切り替え中にはクイックセットプッシャーが内蔵の安全装置により接続解除されます。日付の変更中にプッシャーが誤って作動した場合でもムーブメントが損傷するおそれはありません。


【関連記事】:ファッションに関するプロジェクト一覧

地球儀を収めたアーノルド&サン「グローブ トロッター」のゴールドモデルが登場

アーノルド&サンは、2018年に発表した「グローブ トロッター」の新たなバリエーションとして、18Kレッドゴールドのケースを採用した新作を追加した。リシャールミル 時計地球儀を支える象徴的なブリッジやインデックスなどがゴールドに統一されており、28本のみ製作される限定モデルである。



エレガンスを追加したグローブ トロッター
 シチズン傘下の高級時計ブランド、アーノルド&サンは、「グローブ トロッター ゴールド」を発表した。ベースとなった「グローブ トロッター」は2018年のバーゼルワールドで登場したモデルで、ダイアルの中央に配された巨大な地球儀が特徴。中央に置かれたブリッジや大胆なドーム型の風防などは、アーノルド&サンの、どのコレクションにも無い特徴的な外観を持っている。



アーノルド&サン「グローブ トロッター ゴールド」
自動巻き(Cal.A&S6022)。29石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約45時間。18KRG(直径45mm)。3気圧防水。世界限定28本。561万円(税込み)。
 同ブランドが「現代のナビゲーターとなるタイムピース」と表現するグローブ トロッター。今回発表された新しいバリエーションは、直径45mmの大型ケースや、象徴的なアーチ状のブリッジ、ダイアルに配されたアプライドインデックスなどをすべてゴールドに統一し、このモデルの美学に磨きをかけた。

 そして、ゴールドとの相性が良いのがブルーのダイアルだ。立体的でリアリティを追求した地球儀を囲むダイアルの下の面は、ブルーのグラデーションをつけた繊細なサンライト仕上げが施されており、ワールドタイムを示すリングには透明なサファイアクリスタルが使用され、ダイアルを邪魔しない。



グローブ トロッターで最も目を引く地球儀には北半球の大陸が示され、それぞれの地域を詳細に表現している。大陸の部分にはロジウムメッキを施し、アルプスやヒマラヤなど高い山脈が位置する部分はマットな仕上げである。海の部分は手作業によってペイントされており、青みがかったラッカーを何度も塗り重ね、さらに光沢のあるパウダーを含まれることで、深みと輝きを与えている。
 また、巨大な地球儀はGMT機能の読み取りにも大きく貢献する。ローカルタイムは赤い針がゴールドインデックスを指す時刻で示され、一方でワールドタイム(第2時間帯)は、ブリッジ中央のルビーと時刻を知りたい都市を結び、その延長線上にある24時間表示のリングに記された数字で、その都市の現在時刻を読み取る。


【関連記事】:http://jpeta365.top

世界のラグジュアリー・リゾートを楽しむ大人たちに向けた 大粒の天然ダイヤモンドが強い存在感を放つ「セイコー アストロン」限定モデルが登場

世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>8Xシリーズ デュアルタイムより、“ラグジュアリー・リゾート”をデザインテーマに、シリーズ初となる大粒(2mm径)の天然ダイヤモンドをあしらった限定モデルを、2016年4月15日(金)より発売されます。希望小売価格は380,000円(税抜)、限定500本です。


<セイコー アストロン>は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ<クオーツ アストロン>から名を受継いでいます。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた「クオーツ革命」に継ぐ、時計史の「第二の革命」を起こすべく2012年に誕生した、世界初のGPSソーラーウオッチです。原子時計に基づく究極の精度と、定期的な電池交換の必要がないソーラー充電機能を備え、簡単な操作で今いる場所の時刻を直ちに知ることができます。さらに独自開発のリングアンテナ搭載による安定した受信性能、効率よく時刻修正を行うスマートセンサー(※1)、GPSシグナル受信時に捕捉衛星数を針が示す動きの楽しさなど、<セイコー アストロン>ならではの先進性により、世界50か国以上で高い評価を獲得しています。

  <セイコー アストロン>は、2012年のブランド誕生以降、デビューモデル(7Xシリーズ)より約30% の小型化(※2)とクロノグラフ(ストップウオッチ機能)搭載を実現した8Xシリーズ クロノグラフの発売、そして、二つのタイムゾーンの時刻を同時に表示できる8Xシリーズ デュアルタイムへと常に進化を続け、世界50か国以上で高い支持を集めています。


  世界のリゾートを楽しむ大人の優雅なひとときをイメージした本限定モデルは、上品なピンクゴールド色のケースや、アワーマーク(時目盛り)としてセッティングされたシリーズ初の大粒(2mm径)天然ダイヤモンド、光を反射し美しく輝く24面カットのセラミックス製ベゼル、上質な天然クロコダイルレザーバンドなどにより、華やかで高級感のある表情に仕上げています。


  7Xシリーズでは24時間制であった6時位置の小時計を、基本時計と同じ12時間制とし、AM/PM表示を添えることで判読性を高めました。


  電子式りゅうずを採用しており、基本時計・小時計ともに、りゅうずを回すだけの簡単な操作により手動でのタイムゾーン選択が可能です。


  1時~3時位置にかけてレイアウトされているレトログラードタイプの曜日表示は、ユーザーからの「頻繁にタイムゾーンを移動すると曜日感覚がなくなるので、曜日表示をつけて欲しい」とのご要望から、8Xシリーズ デュアルタイムで初めて採用された機能です。


  また、裏ぶたには限定モデルの証として「Limited Edition」の文字とシリアルナンバーが印され、限定専用ボックスにおさめられています。

【関連記事】:おしゃれなデザインが豊富にそろうブランド

ボーム&メルシエが地球環境の未来を考えるサステイナブルな「ボーム コレクション」のポップアップを開催!

「ボーム&メルシエ」は創業191年の長い歴史をもつスイスの老舗ウォッチメゾン。品質にこだわり、時計の製造と組み立ての工程をすべて自社内で行っています。さらに、伝統を継承しながらも、最先端の技術や空気感を積極的に取り入れていく情熱と革新性を併せ持っているメゾンでもあります。

今回のポップアップに揃う「ボーム コレクション」は、エコやアップサイクルを追求し、地球環境に配慮したコレクション。時計製造における既成概念を覆し、時計業界における持続可能な社会への貢献、そして新たな価値を提案するために誕生しました。

「ボーム コレクション」の地球環境保護に対する取り組み
(1)リサイクル・アップサイクルを基本とし、天然素材を採用(動物製品を含まない)
(2)売上の一部を海洋廃棄物や海洋汚染問題の保護活動を続けているNGO団体(※)へドネーション
(3)リサイクル可能・リサイクルされた素材によるミニマムな梱包パッケージを採用

※WFO(Waste Free Oceans)など
また、メンズ・レディス兼用で使うことができるミニマルなルックスも魅力のひとつ。ポケットウォッチを連想させる12時位置のリューズや、自分で付け替えることができるストラップなど、ファッション性にも富んでいます。スーパーコピースタイリッシュに身につけながら、地球の未来へ想いを馳せることのできるタイムピースです。

関東エリア初・伊勢丹新宿本店先行発売の限定モデルなど注目アイテム4選
■1:フランスの若手スケートボーダーとの限定コラボモデル
時計_2,限定品_2,サステナブル_2
『ボーム スケート - オーレリアン・ジロー 限定モデル』M0A10653[自動巻き SW200]¥176,000(関東エリア初・伊勢丹新宿本店先行発売)※タイムピース1本につき売上の2%をドネーション
2020東京五輪 スケートボード競技にもフランス代表として参加した、フランスの若手スケートボーダー、オーレリアン・ジローとのコラボレーションモデルを、関東エリア初・伊勢丹新宿本店先行発売! オーレリアン・ジローが競技大会で実際に使用したスケートデッキ(板)や廃棄予定だった余剰生産分を使用しています。

ファッションとストリート要素が融合したクリエイティビティ溢れるデザインで、ディスクのBAUMEロゴが時針、単針が分針の役割を果たしているのもユニークです。オープンケースバックには、オーレリアン・ジローのサイン入り。ブラックコットンのストラップは、付け替えることもできます。

■2:海から集めたプラスチックが生まれ変わった限定モデル
時計_3,限定品_3,サステナブル_3
『ボーム オーシャン 限定モデル』M0A10587[自動巻き SW200]¥176,000 ※タイムピース1本につき売上の5%をドネーション
『ボーム オーシャン 限定モデル』は、海から集められたプラスチックの破片を再利用して作られた革新的なタイムピース。ストラップはRPET素材、ライニングは黒の天然コルク製で、自由に取り外しができます。

■3・4:鮮やかなカラーリングが目を引く35mmモデル
時計_4,サステナブル_4
『ボーム スモールセコンド』M0A10602 ホワイトダイヤル[クォーツ]¥60,500 ※タイムピース1本につき売上の2%をドネーション
時計_5,サステナブル_5
『ボーム スモールセコンド』M0A10604 ブラックダイヤル[クォーツ]¥60,500 ※タイムピース1本につき売上の2%をドネーション
『ボーム スモールセコンド』はケース、針、ストラップのオーバーステッチの色がマッチ。35mmケースで、女性にも着用しやすいサイズです。他にはブルー、レッド、紫、グリーンなどのカラーがラインナップ。付け替え可能なストラップは麻やコルクなど天然素材を使い、ココナッツ素材のボタンを採用しています。

ポップアップイベント限定の購入者特典はオリジナルトートバッグ
会期中、「topkopi 届いた」のタイムピース1本ご購入につき、環境へ配慮して作られたブランドオリジナルのコットントートバッグが1つ付きます。先着10名様までの特典ですので、お見逃しなく。

以上、スイスの老舗ウォッチメゾン「ボーム&メルシエ」が展開するサステイナブルな「ボーム コレクション」のポップアップイベントについてご紹介しました。メゾンの地球環境保護という社会貢献につながる想いや姿勢を体感することもできるタイムピースたちを、ぜひ手に取ってみてください。

【おすすめの関連記事】:http://turunokengouu.top

2021新作 パネライ「ルミノール マリーナ カーボテック ブルーノッテ」に深い海へと誘われて


画期的な発光物質ルミノールの開発から、特許取得済のリュウズプロテクターの発明まで、パネライの歴史は技術と美しさの歩みそのものです。

 ルミノール マリーナ カーボテック ブルーノッテの登場は、もう1つのマイルストーンと言えるでしょう。イタリアのスタイルとスイスの卓越した技術を融合するブランド、パネライのデザインコードにおける2つの特徴的な要素であるカーボテックケースとブルーノッテダイヤルが、初めてペアリングされました。カーボテックの主張とイタリア語でナイトブルーと名付けられた文字盤の繊細な輝きは、カジュアルでありながら強さとカリスマ性を醸造します。どんな装いにも適したエレガンスを兼ね備えたこの新作は、500本限定で、panerai.comからオンラインで独占的に入手できます。

 カーボテックは、腐食を含む外部からの影響に対して、より大きな耐性を発揮することで知られています。パネライ時計 ルミノールこの特別な素材を作成するために、カーボンファイバーシートを繊維の向きが交互になるよう重ね、制御された高圧温度下で圧着し、最後に先端ポリマーPEEKで固めます。

 このプロセスにより、表面がマットなカーボテックプレートが製造され、ルミノール マリーナ ケースを形成する際に、二つとして同じものがない、固有の筋目模様が現れます。

 カーボテックは、光沢のあるブルーの文字盤に理想的な輪郭を形作ります。まるで海面を通り抜けて海底へと届く太陽光線のように、光がケースを横切って現れます。



 サンドイッチ構造のダイヤルには、暗闇でグリーンに光り、文字盤のブルーとの鮮明なコントラストを描く数字、インデックス、ブラックスティール針があしらわれています。

 カーボテックのケースには、自動巻きムーブメントであるP.9010キャリバーが搭載されています。時、分、スモールセコンド、デイト、3日間のパワーリザーブ、そして分針の動きに影響を与えることなく時針を動かす機能を備えています。この機能のおかげで、時針を1時間単位で前方または後方に移動して、素早く時刻を調整することができます。ヌーシャテルにあるパネライ マニュファクチュールが製造するこのキャリバーは、パネライの研究開発部門Laboratorio di Idee(アイデアの工房)によって考案されました。

 ルミノール マリーナ カーボテック ブルーノッテの防水機能は30気圧(水深約300m)で、マット仕上げのブルーノッテ アリゲーターストラップとDLCコーティングが施されたチタン製台形ピンバックルが組み合わされており、ダークブルーのラバーストラップがスペアとして付属しています。

【おすすめの関連記事】:http://jacketstenpo.top

ディーゼル(DIESEL)こんな超弩級の腕時計も作っています


ディーゼルは、デニムとカジュアルファッションをリードするアパレルメーカーです。 単にカジュアルなだけでなく、高級感のある「プレミアム・カジュアル・ウェア」という立ち位置を新たに築き上げました。腕時計にもその世界観が反映され、カジュアルながらも重厚感のあるモデルを多く生み出しています。



文字盤のカラーにメタリックブルーを、ケースとインデックスのカラーにシルバーをそれぞれ採用した1本。機械的なデザインが特徴的なメンズ腕時計です。

3つのデイトを搭載し、3時方向にはブランドロゴが刻まれたワンポイントが施されているなど、細部にまでこだわって作られています。ケースはステンレスを採用するなど耐久性に優れ、10気圧の防水性をあわせ持っているのがポイントです。



スタイリッシュな文字盤にブラックのケースを合わせた、シックなデザインが魅力のメンズ腕時計。手元からクールな印象がアピールできます。3時方向にブランドロゴが施されていることや、リューズが9時方向に搭載されていることが特徴です。

また、ガラスに偏光クリスタルが採用されているのもポイント。自然光の反射で眩しくなりにくい工夫がなされています。デザイン性だけでなく、視認性の高さもあわせ持つおすすめのアイテムです。


【関連記事】:http://abrand.top/

大人の高級時計をサラリと身に着ける、街角の6人の男たち

腕元が露わになる季節だからこそ、時計の選択にはこだわりたい。高級時計で大人らしさを演出するも良し、最新のスマートウォッチで個性を主張するも良し。時計は大人の最高のアクセサリーだ。

大人なラグジュアリーブランドを用いた「腕時計が効いてる男」を街角でキャッチ!

ブレゲ「アエロナバル」



腕時計/ブレゲ、シャツ/キャプテン サンシャイン、Tシャツ/チャンピオン、ショーツ/コモリ
鈴木寿教さん Age 42
ブレゲの名機「コスモグラフ デイトナ 偽物」。チェックシャツにショーツ&サンダルのカジュアルスタイルが、これ1本でキリッと大人な装いに。

ベル&ロス「BR 03」



腕時計/ベル&ロス、Tシャツ/グッドウェア、パンツ/ノーブランド、サンダル/チャコ、サングラス/荒岡眼鏡
菅井丈起さん Age 41
小物使いの妙が光る。バドワイザーのチューリップで夏らしい清涼感を。そしてアナログ&デジタル表示の「BR 03」で男臭さを注入。

タグ・ホイヤー「カレラ」


腕時計/タグ・ホイヤー、シャツ/08サーカス、スニーカー/ミソグラフィー、サングラス/オリバーピープルズ
山添 力さん Age 36
名作クロノグラフとして名高い「ロレックス腕時計修理」を腕元にオン。開襟シャツにショーツとスニーカーという夏らしい装いで、一気に大人っぽく。


【関連記事】:スモール トップハンドルバッグ

先端技術で現代に蘇る、古き佳き時代の“カラー”を纏った腕時計

何だかホッコリしてしまうレトロテイストなモチーフやポップな色合いは、古き佳き時代の“カラー”への懐かしさと憧れを感じる。

そこに最新技術が合わされば、これはもうまったくのブランニューじゃないかと思うのだ。

CALVIN KLEIN WATCHES
カルバン・クライン・ウォッチ/カルバン・クライン アチーブ
デザイナーのリクエストが生んだレトロモダンなクロノ


SSケース、43mm幅、クオーツ。4万円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7380
2018SSから始動した新デザイナー、ラフ・シモンズのセンスが時計にも行きわたっていることを感じさせるレトロデザイン。アメリカらしさを新解釈し、個性的に表現されている。

まるで’70年代のクロノグラフを彷彿させるカラフルなダイヤルとミッドセンチュリー風の流線形ケースは、ファッション的にもとても新鮮。期待以上の出来栄えで、今後ますます目が離せないウォッチブランドである。

GRAHAM
グラハム/クロノファイター ヴィンテージ ノーズアート
レトロ感を増幅させる武運を祈るピンナップガール



世界限定100本。SSケース、44mm径、自動巻き。71万円/DKSHジャパン 03-5441-4515
第二次大戦中、爆撃機のパイロットがグローブを着用したまま親指で操作しやすいよう開発された左側のトリガー形の大型プッシュボタンを備えた個性派。

さらにレトロ感を加速させるのが、ダイヤルデザインだ。

1940年代の軍用機に描かれた「ノーズアート」と呼ばれるミリタリールックのピンナップガールをハンドペイントで再現。全4モデルで、それぞれ異なるモチーフの女性が描かれる。

BLANCPAIN
ブランパン/フィフティ ファゾムス バチスカーフ デイ・デイト 70s
’70年代を先端技術で現代的に表現



世界限定500本。SSケース、43mm径、自動巻き。125万円/ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233
グラデーションダイヤルにより、その名に刻まれるとおりのセブンティーズテイストを纏った名作ダイバーズ。パネライ時計 ルミノール実際に1970年代に存在したデザインを現代にリバイバルしており、アラビア数字の分表示や3時位置のデイ・デイトなど、当時の意匠も残している。

一方、技術は最新で、セラミックスインサートを使用した逆回転防止ベゼルやリキッドメタルの目盛りを採用する。

【関連記事】:人気ブランドのアイテム続々入荷中!

セナが愛しジェイク・ギレンホールが認める…この時計にあの偉人の姿あり!

世界的に活躍する人物には、栄光を掴むまでの不断の努力があり、それを知るからこそ憧れも抱く。彼らがアンバサダーとして着用する時計には、共感に至る相応の背景が。そこになりたい自分像を重ねれば、成功へのモチベーションにもつながる。

[この時計]TAG HEUER タグ・ホイヤー
タグ・ホイヤー カレラ キャリバー
ホイヤー02 アイルトン・セナ スペシャルエディション


SSケース、43mm径、自動巻き。64万円/タグ・ホイヤー 03-5635-7054
[あの偉人]アイルトン・セナ
1994年、サンマリノGPでの事故で非業の死を遂げたアイルトン・セナ。“音速の貴公子”という異名を欲しいままにし、世界が認める最速レーサーだった彼は、今もタグ・ホイヤーのアンバサダーである。そんな彼にオマージュを捧げた特別モデルがこちら。


アイルトン・セナ
自社製キャリバー「ホイヤー02」を搭載し、セナも気に入っていたというS字形のコマを重ねたブレスレットを採用しているのが特徴。ブラックに赤の挿し色が利いており、メカニカルなルックスをセンス良く仕上げている。

[この時計]CARTIER カルティエ
サントス ドゥ カルティエ LM



SSケース、縦47.5×横39.8mm、自動巻き。74万円/カルティエ 0120-301-757 © Cartier
[あの偉人]ジェイク・ギレンホール
1904年、航空発明家のアルベルト・サントス=デュモンのためにカルティエが考案した世界初の実用的リストウォッチ。その伝統とスタイルを崩すことなく受け継ぎ、最新の「サントス ドゥ カルティエ」ではベゼルとブレスレットの流れるような曲線美を実現した。


ジェイク・ギレンホール
そんな由緒ある時計が相応しい“サントスマン”として、メゾンが起用したのが、ジェイク・ギレンホールだ。俳優としての確かな実績はもちろんのこと、自ら映画製作にも携わり、フィルムメーカーとしても活躍するなど、マルチな才能を披露している。

[この時計]OMEGA オメガ
スピードマスター ’57



SSケース、42mm径、自動巻き。122万5000円/ピアジェ 0120-73-1874
[あの偉人]ライアン・レイノルズ
映画『デッドプール』の主演でブレイクを果たした、ライアン・レイノルズはコミック&アクションを主戦場にしつつも、その姿はいつもエレガントかつセクシーなムードを漂わせている。


ライアン・レイノルズ ©ゲッティ イメージズ
そのキャラクターが買われて、スイスの名門マニュファクチュール、ピアジェが2016年の「ピアジェ ポロ S」発表を機に、アンバサダーに起用。同モデルは、ラウンドケースにクッションダイヤルを据えた、時計の定石にないルックスにポリッシュとサテン仕上げを使い分けたブレスレットで、スポーティながらもピアジェらしい気品を漂わせる。

[この時計]CITIZEN シチズン
エコ・ドライブ Bluetooth ユニセックス W410



スーパーチタニウムケース、40.5mm径、光発電エコ・ドライブ。8万円/シチズン 0120-78-4807
[あの偉人]大坂なおみ
全米オープンテニス2018の優勝が記憶に新しい大坂なおみ選手。コート上で抜群の強さで観衆を魅了する彼女は、シチズンのアンバサダーを務めている。


大坂なおみ
彼女が着用していることで品切れ状態になるほど売れているというこのモデルは、ケーブルなどでの充電が不要な光発電エコ・ドライブ機構だけでなく、スマホとの連動機能も備え、機能的にもかなりパワフル。さらに軽量性や耐久性に優れていたり、ブラック×ゴールドのクールなデザインなど、彼女のイメージとも重なる1本。

[この時計]RAYMOND WEIL レイモンド・ウェイル
フリーランサーAC/DC リミテッドエディション



世界限定3000本。SSケース、42mm径、自動巻き。26万円/GMインターナショナル 03-5828-9080
[あの偉人]AC/DC
辣腕時計師に転身した「アンスラックス」のダン・スピッツをはじめ、ハードロック界には意外に時計ファンが多いらしい。レイモンド・ウェイルが白羽の矢を立てたのは、世界的人気バンド「AC/DC」。


AC/DC © 2018 Leidseplein Presse B.V. Under License to Perryscope Productions / Epic Rights
ムーブメントは自社製で、6時位置の小窓からその動きを確認できる。しかし何と言っても重要なのはデザインで、スタッズ状のインデックスや稲妻を模したダイヤル装飾、大胆なバンドのロゴなど、随所に表現された“AC/DC仕様”に注目したい。証明書付きの専用ボックスに収められる。


【関連記事】:ファッション製品のレポートと関連情報の専門的な追跡

ホリデーシーズンにぴったり!? ピアジェ「アルティプラノ」メテオライト文字盤

ピアジェからメテオライト文字盤の限定腕時計が登場した。文字盤のカラー展開は3色で、グレー、ゴールド、ブルーだ。



自動巻き(Cal.1203P)。25石。21600振動/時。約44時間のパワーリザーブ。PG、ブルーメテオライト文字盤。直径40mm。世界限定300本。422万4000円(税込)。
メゾンシグネチャー「アルティプラノ」に見る時計製造のノウハウとクラフツマンシップ
 ピアジェの歴史は極薄ムーブメント開発を中心とした革新的な高級時計製造の歴史と表裏一体の関係にある。時計スーパーコピーその技術力を象徴するモデルがアルティプラノだ。2019年のアルティプラノにおいてもっとも特徴的なものはメテオライト文字盤だ。メテオライト=隕石。宇宙のロマンが詰まったハードストーンを腕に乗せる楽しみを味わうことができる。ケースのピンクゴールドの柔らかく温かな印象と対照的にメテオライトの幾何学的で力強くダイナミックな存在感が美しいコントラストを生み出す。文字盤のカラー展開は3色で、グレー、ゴールド、ブルーがある。



ピアジェ自社製極薄型自動巻ムーブメント1203P。25石。21600振動/時。約44時間のパワーリザーブ。PG、ゴールドメテオライト文字盤。直径40mm。世界限定50本。(直営ブティック限定品)330万円(税込)。
ブティック限定品のインデックスカラーはニュアンスカラーのグレー。
 グレーアリゲーターのストラップにピンクゴールドのケース、文字盤はゴールドのメテオライト。ロレックス スーパーコピーインデックス表示はベルトの色に近いニュアンスカラーのグレーだ。クラシックでエレガントな要素しかないように見えるデザインだが、ここはやはりメテオライトの個性的な表情が光る。

 メテオライト文字盤の表面に見られる独特なラインはウィドマンシュテッテン模様として知られている。これは鉄隕石の断面に見られる結晶化したニッケル-鉄構造の特色を示している。融解状態の鉄が無重力で何百万年もかかって結晶化したことによるものだ。ダイヤモンドがその生成過程から地球内部の状態を記録した結晶と言われるように、メテオライトは銀河系の誕生を記録した結晶とも言える。ここまで壮大な天然素材をダイヤル部分に配備することは大胆で冒険的だとすら感じられるが、高級時計製造だけでなく、ジュエリー、ジェムの分野でも活躍するメゾンだからこそ臆することなく選択できた素材なのではないだろうか。

【関連記事】:悠久歴史腕時計ブランド

【2021新作時計】ルイ・ヴィトン「タンブール ワールドタイム ランウェイ ユニバーサル ジャーニー」

ルイ・ヴィトンはワールドタイム機能を搭載した「タンブール ワールドタイム ランウェイ ユニバーサル ジャーニー」を発売する。このモデルは同社のDNAである「旅の真髄」にオマージュを捧げている。

ルイ・ヴィトン「タンブール ワールドタイム ランウェイ ユニバーサル ジャーニー」



サファイアクリスタル製のシティディスクにより、各空港のコードが浮かんでいるようにデザインされている。ブラック、ホワイト、イエローを使用することによって飛行機をイメージし、ブランドのDNAである「旅の真髄」を表現している。自動巻き(Cal.LV107)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約35時間。RG×SS+ブラックサンドブラストPVD(直径45mm、厚さ12.5mm)。50m防水。


ブランドのDNAを体現する、旅を楽しむためのワールドタイマー
 ルイ・ヴィトンの「タンブール」コレクションに、ワールドタイム機能搭載の「タンブール ワールドタイム ランウェイ ユニバーサル ジャーニー」が追加される。搭載されている自動巻きムーブメント「Cal.LV107」は、同社の誇る時計製造アトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」のマスター時計職人によって開発・組み立てされている。

 同社は過去にも「タンブール エスカル ワールドタイム」など、旅をテーマにしたモデルを発表してきた。今回のモデルも同様に、世界中の空港の滑走路に見られる美しいアビエーションデザインにインスピレーションを受けている。リシャールミル 時計ワールドタイム表示に欠かせないシティディスクはサファイアクリスタル製となっており、まるで24都市の空港コードが中空に浮かんでいるかのようにデザインされている。



ブラックをベースに随所に18Kピンクゴールドを取り入れたカラーリングによって、スポーティに仕上がっている。旅に連れて行く際にピッタリな一本だ。
 ケースの素材はブラックサンドブラストPVDが施されたステンレススティールを基調として、ベゼルやラグ、リューズなど随所に18Kピンクゴールドが採用されている。ラバーストラップと相まってスポーティな印象に纏められており、世界を旅する瞬間をより豊かなものにしてくれるに違いない。更に「タンブール」のストラップは工具を使わずワンタッチで取り外し可能であり、ファッションブランドならではの上質で豊富な種類のストラップから好みのものに付け替えることができる。手首に二重に巻くことができるロングタイプや同社を代表するモノグラム柄など、気分やシーンに合わせて楽しみたい。


【関連記事】:秋田県の最新ファッション

パテック フィリップ 2021年新作「5370P」スプリット秒針クロノグラフ初の本青七宝文字盤

パテック フィリップは、2021年の新作としてシリーズ初の本青七宝文字盤「5370P」を発表した。5370モデルのスプリット秒針クロノグラフは、プッシュボタンを2つ備えるタイプである。2時位置のプッシュボタンでスタート、ストップ、4時位置のプッシュボタンでゼロ復帰、3時位置のリュウズに合体したプッシュボタンでスプリット秒針のストップ、再スタートを行う。

パテック フィリップ 2021新作 「5370P」



パテック フィリップのスプリット秒針クロノグラフは、ミニット・リピーター、トゥールビヨンと共に最も製作の困難なコンプリケーションの上位3位に位置しており、1923年(ムーブメントN° 124 824)以来、パテック フィリップの腕時計コレクション中、特別の地位を与えられている。
パテック フィリップ スプリット秒針クロノグラフ「5370P」
手巻き(cal.CHR 29-535 PS)。34石。28,800振動/時。パワーリザーブ最小65時間(クロノグラフ非作動時)。PT950ケース(直径41mm、厚さ13.56mm)。ケース側面6 時位置にピュア・トップウェッセルトン・ダイヤモンド。30m防水。2866万円(税別)。



手巻、コラムホイール、水平クラッチというクラシックな機構を備えた自社開発・製造キャリバーCHR 29-535 PSを搭載した最初のスプリット秒針クロノグラフ、5370モデルは、本黒七宝文字盤を備えたプラチナ仕様のモデルで2015年に発表された。まるでオニキスのような光沢がある本黒七宝文字盤は「どうやって作っているのかわからない」と世界中の時計関係者たちの間で話題になった。ディスコンになった後でも愛好家、コレクターに追い求められるこのグランド・コンプリケーションの後継機が、この新しい本青七宝文字盤「5370P」である。


搭載するキャリバーCHR 29-535 PSの基本構造(手巻、コラムホイール、水平クラッチ)は、多くの機械式時計愛好家にとってクロノグラフの最高峰の同義語である。しかし同時に、数多い特許取得の技術革新が加えられたことにより、21世紀を代表する最も先進的なクロノグラフ・ムーブメントと呼ぶに相応しいものとなっている。

クロノグラフは時間計測が正確に出来なければ計器としての役目を果たさない。「5370P」は計器としての使命を反映し、この文字盤は最高の視認性を誇っている。夜光付のスリムなリーフ型指針と、ホワイトゴールドの植字ブレゲ数字により、時・分表示はあくまで明確である。センターのスリムなクロノグラフ秒針とスプリット秒針により、経過時間の計測は高精度で、しかも瞬時に読み取ることが可能だ。ホワイトゴールドの瞬時運針式30分計、ホワイトの転写スケールが、背景のブルーと際立ったコントラストをなしているのも視認性に大きく貢献している。

限定28本のブランパン 2021 バレンタインデー スペシャルモデル

バレンタインデーの特別シリーズとして、ブランパンはヴィルレ ウーマン デイトに美しい解釈を加えた28本の限定エディションを発表した。

愛の矢に射抜かれた赤いハートの秒針



恋人たちを祝福する本作は、優雅な軽さを追求した新モデル。ホワイトのマザーオブパールが誘う雲の上では、キューピッドの愛の矢に射抜かれた真紅のハートが回り続ける。ダイヤモンドをセットして優美なタッチを加えたインデックスとベゼルが、このモデルを更に引き立てている。
ブランパン「ヴィルレ バレンタインデー2021」
自動巻き(cal.1151)。28石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約100時間。18KRG(直径33.2mm、厚さ9.15mm)。30m防水。世界限定28本。221万円(税別)。



「バレンタインデー 2021」ウォッチは新たな永久の証だ。ブランパンのスタイルの本質を反映する控えめでエレガントなデザインは、ジェムセットされたこのタイムピースが真のエイジレスなモデルに仲間入りしたことを物語っている。本モデルはわずか28本しか存在しない限定エディション。そんなプライスレスな贈り物を一生の恋人に捧げる誘惑は計り知れないだろう。



33.2mmのレッドゴールド製ケースをまとうこの叙情的なウォッチの中核を成しているのが、高級時計の自動巻きムーブメント、ブランパン キャリバー1151である。著名なキャリバー1150をベースとする本キャリバーは、シリコン製のヒゲゼンマイを搭載して約4日間のパワーリザーブを誇るほか、日付表示も備えている。美しさは最も重要な内なる性質であるため、精緻な装飾に囲まれ美しく時を刻む精巧な機構をサファイアケースバックより堪能することができる。


【関連記事】:東京都の最新ファッションブランド情報

オリス 銀座ブティックが、2周年記念フェアを開催中(6月30日まで)

オリスジャパンは、2019年6月、銀座4丁目並木通りにブティックをオープン以来、今夏で2周年を迎えた。日頃の感謝を込めて、オリス銀座ブティックで2 周年記念フェアを実施中だ。ロレックス デイトナ コピーまた、オリス創業日の6月1日から、世界の直営ブティック及び公式e ショップ限定で「ヘルシュタインエディション 2021」を発売スタートした。

オリス銀座ブティック
 国内でも珍しいエスプレッソマシンを2F に導入し、バリスタ研修を受けたスタッフによる香り高いエスプレッソが楽しめるオリス銀座ブティック。リラックスした空間でゆっくりと時計を見ながら、エスプレッソサービスをオネダリしてみよう。


オリスブティック のサスティナブルな取り組み

タッチ&トライのオープンディスプレイを導入
 オリスジャパン及びオリス銀座ブティックで使う電力を、みんな電力株式会社を通し、地球温暖化対策として環境にやさしい自然エネルギー(再生可能エネルギー)でまかなっている。topkopiみんな電力の電力トレーサビリティーシステムを利用し、オリスが供給元に選んだ長野県の水資源を活用した水力発電所で、水資源の改善に取り組むオリスの活動と一致したものだ。



2Fにアーカイブを展示、ウブロ時計修理オフ会やイベントでも利用可能
 オリスジャパンでは、プラスチックごみを増やさない取り組みの一環で、ブティックやオフィス飲料水はペットボトルに入ったミネラルウォーターや使い捨てプラカップでなく、繰り返し使えるガラス製ボトルやグラスを使用。また月1回、顧客と共に銀座ゴミ拾い活動を実施している。

フレデリックコンスタントとは

フレデリックコンスタントは創業者であるピーター・スタース氏と妻アレッタ氏によって、1988年にスイス・ジュネーブ郊外のトアネに生まれた高級時計ブランドです。ブランド名は、ピーター・スタース氏の曽祖父母の名前からちなんだとのこと。ブランドロゴも、スタース家の家紋からインスパイアされています。

まだ創業してから30年強と若いブランドではありますが、デザインから開発組立、品質管理に至るまでを全て自社で自社工場で行うマニュファクチュールブランドとして知られており、非常に高い評価を獲得してきました。

そんなフレデリック・コンスタントについて、詳しくご紹介致します。

①沿革

1988年の創業当初から、「手の届くラグジュアリー」をコンセプトとしてきたフレデリック・コンスタント。

もっとも、ただ価格が安いだけなら、いくらでもやりようがあるでしょう。

しかしながら同社では、「高品質の時計を」が前提となります。また、スイス伝統の時計製造技術を重んじているブランドでもあり、あくまで「スイス製機械式時計」を「手の届く価格で」がフレデリック・コンスタントにおける指標となってきました。

そんな理念のもと、1992年にブランド初となるコレクションを6種リリースします。フランクミュラー 時計 中古その2年後の1994年、現在フレデリック・コンスタントのアイコン的存在ともなっているハートビートが誕生しました。

このハートビートは文字盤の一部が肉抜きされており、機械式ムーブメントの心臓部(Heart)にあたるテンプの鼓動(Beat)を、腕に着けている時も楽しむことが出来るデザインです。

今でこそこのデザインコードは珍しくありませんが、実は先鞭をつけたのは、何を隠そうフレデリック・コンスタントのこのハートビート。世界初のオープンダイヤルとして発表され、瞬く間に世界中に時計ファンの心を鷲掴みにすることとなりました。


そのわずか10年後、2004年には自社製手巻きムーブメントFC 910の開発に成功します。これより自社でケース・ムーブメントを一貫して製造するマニュファクチュールを、フレデリック・コンスタントは確立しました。

以来その活躍ぶりは目覚ましく、2005年には自社製ムーンフェイズ,2006年にはついに自動巻きFC 930の開発に至りました。その後もトゥールビヨン,GMT,ワールドタイマーに永久カレンダーといったコンプリケーション,そして2018年にはトゥールビヨンと永久カレンダーを同時搭載した超絶コンプリケーションFC 975にまで自社製造の手は及び、しかもこの時計の価格がわずか200万円台であったことから、時計業界では大きな話題となったものです。

ちなみに2008年にシリコンをガンギ車に採用したムーブメントを打ち出したことも、特筆すべき点ですね。

シリコンもまた、現在時計業界では主流となりつつある素材です。半導体にも用いられるシリコンは軽量で耐摩耗性に優れ、また磁気帯びの心配がない、機械式時計にとって夢の素材です。一方で壊れやすい点から製造・メンテナンス難易度が高くなり、採用は高級時計ブランドがメインです。

パテックフィリップが2005年にシリコンガンギ車を発表したことで話題になりましたが、フレデリック・コンスタントもまたすぐに追随することとなりました。この点からも、フレデリック・コンスタントの類まれな理念とそれに伴う優れた時計製造技術を垣間見ることができますね。

②なぜフレデリック・コンスタントはシチズン傘下となったのか
現在のスイス時計界はグループ化が進んでおり、オメガ・ブレゲなどを傘下に収めるスウォッチグループ、カルティエ・IWCを傘下などに収めるリシュモングループ、タグホイヤー・ブルガリなどを傘下に収めるLVMHといった巨大資本グループが日々凌ぎを削っています。

前述の通り、フレデリックコンスタントが属しているのは日本の企業である「シチズングループ」。

スイスのブランドでありながらも、2016年からシチズングループの傘下として時計の製造・販売を行っています。


フレデリックコンスタントがシチズンを選んだ理由。それはシチズンの主力がクォーツ時計で、フレデリックコンスタントは機械式が主力だったからです。

もしフレデリックコンスタントが他のグループの傘下に入ってしまっていたら、おそらく商品展開の優先度は低くなり、これまでのように自由な時計開発は行えなくなっていたことでしょう。

しかし、低価格帯のスイスメイド機械式時計の展開を目指したシチズングループの傘下に加われば充実した補完関係が築けます。

自社の機械式時計を優先的に展開するため、フレデリックコンスタントはシチズングループに加わることに決めたのです。

ページ移動