記事一覧

父の日にオリンピックのビーチバレー選手が父の腕時計を贈る


この極めて異例で難解な予測不能な年(時計愛好家たちにとって)の特徴の1つは、新作発表のカレンダーがひっくり返ったことである。20年以上にわたって時計について書いてきた私にとっても、一番ドラマチックな年だと思う。おそらく、この一年で最も注目されているのは、実はある2社からニュースがなかったことだろう。通常であればバーゼルで発表され、誰もが最も注目するブランド、そうロレックスとパテック フィリップだ。両ブランドの新作について誰が一番早く記事を公開するかというのは、ジャーナリスト間の激しい競争でもある。

 バーゼルワールドでは通常、最初のプレスデイは、ロレックスやパテック フィリップだけでなく、オメガやその他の主要なプレイヤーからも情報を得るための競争となる。ブライトリング 時計しかし、今年は他のブランドから新作が出る一方でこの2社は沈黙したままだった。しかし、今日新作のステンレススティール製カラトラバのリリースによって状況は一変した。ジュネーブのプラン・レ・ワットで製造されたRef.6007-001は、1000本限定でリリースされる。


 パテック フィリップは、生産のあらゆる側面を1つの施設に集中させるための継続的な取り組みの一環として、2015年に新しいマニュファクチュールの建設を開始した。同社によれば、この取り組みはもともと1996年にフィリップ・スターンが主導し、製造とデザインのあらゆる面で効率性を高め、改善しようとしたものだったという。その直前の時代までは、パテック フィリップの需要な製造拠点は十数ヵ所あり、ジュネーブ市や州に点在していたという。スイスでは、何世紀にもわたって脱進機からケース、ゼンマイ、その他の部品に至るまで、それぞれの場所で働く様々なサプライヤーや専門家が独立して時計製造をしていたという特徴に共通する。面白いことに(予想通りではあるが)、誰もが近代化に興味があったわけではなかったのだ。今年4月フィナンシャル・タイムズに書いたニック・ファルクス氏によると、スタン家の中でも反対意見もあったと指摘する。


 ファルクス氏は、「旧来の働き方と新しさとの間に変化が目立った」と書いている。同氏は、「私は1990年代の初めにローヌ通りの旗艦店の上にあるパテック フィリップの旧本社を訪問したことを覚えていますし、正確にはディケンズ風ではないにしても、フィリップの父、アンリ・スターンが吸ったパイプタバコ"ボルクムリーフ"の香りの余韻の残った、居心地の良い歴史的な雰囲気を感じました。ここから街全体に活動が広がっていったのです」と記している。

ADVERTISEMENT
「しかし、1989年に創業150周年を迎えフィリップ・スターンは、機械式時計、特に複雑時計への人々の関心が高まっていることを予見しており、このような19世紀のシステムを変える必要があることに気づきました。誰もがこのアイデアを歓迎したわけではありませんでしたし、フィリップの父アンリがその筆頭でした」

「"彼は一度だけ訪れ、そして二度と来ないだろうね"とフィリップは笑いました。"彼には大きすぎるのだ"と」

【関連記事】​​​​​​​: 最新の人気腕時計情報