記事一覧

温故知新

長かった連休も明け、いよいよ新時代が幕開けしました。
文明の発達は目まぐるしく、そのスピードに日々翻弄されてしまいます・・・。
しかし、ふと立ち止まり「子どもの目線」で考えてみると、そこには時代の変化に決して流されることのない伝統的な「遊び」の存在に気づくことが出来ます。
その代表的なものが「泥だんご作り」です。
必要な物は「土」と、「丸く作りたい」という強い思いだけ。
クラス別に見ていくと、泥だんご作りを通して色々なことが見えてきます・・・。

まず3歳児ひばり組の辺りでは、指先等の末端の運動機能の未熟さや、力の入れ具合のコントロールが難しく、だんごを形作る事が出来ずに、何度も失敗を繰り返し「挫折」を経験します。そこであきらめる子、悔しくてもう一度作る子、誰かに作ってもらう子等、その後の行動は様々です。

それが4歳児かもめ組の辺りになると、多方面での運動機能の発達により、思い通りのだんごを作り上げることが出来、大きな「達成感」を味わうことが出来ます。

5歳児はと組の辺りになれば、「誰よりも上手に作りたい」「もっときれいに作りたい」という「向上心」が芽生え、それぞれに工夫が見られるようになってきます。

ついつい「変化」や「新しい事」に目を奪われがちですが、何年たっても変わることのない、子どもたちが「本気で遊ぶ姿」を見ていると、また違った発見に出会えるかもしれませんね・・・。

ファイル 413-1.jpg    
ファイル 413-2.jpg
ファイル 413-3.jpg   
ファイル 413-4.jpg
ファイル 413-5.jpg

こどもせんせい

新緑を揺らす風が気持ちよく、爽やかな日差しが戸外に誘ってくれているようです!
暑さが厳しくなる夏までの貴重な期間なので、十分に戸外遊びを満喫したいと思います。
ほんの少し前に一つ大きなクラスになったばかりの子どもたちですが、普段の遊びを見ていると、様々な場面で年上としての自覚が芽生えていることに気づきます。

ファイル 414-1.jpg    
ファイル 414-2.jpg
ファイル 414-3.jpg   
ファイル 414-4.jpg

誰に言われたでもなく、竹ポックルを教えてあげる姿は真剣そのもの!
帽子の色はそれぞれ、ピンク色が5歳児、青色が4歳児、緑色が3歳児さんです。
自分よりも小さなお友達とのクラスを超えた関りを通し、多くの優しさに気付いてくれるといいですね・・・。

ファイル 414-5.jpg

☆ おまけ「みんなで一緒に華麗なターン♪」☆

かきかた指導

当園では月に2回(変更有り)、かもめ組(4歳児)と
はと組(5歳児)対象にかきかた指導を行っております。

今回ははと組の様子を紹介します!!
ファイル 410-1.jpg
この日は『く』『い』の指導でした。
話を真剣に聞くはとぐみさん。        
ファイル 410-2.jpg
体を使って練習します!! 
ファイル 410-3.jpg
毎回、基本の鉛筆の持ち方も学びます。   
ファイル 410-4.jpg

ページ移動